Blog ブログ

検証日記3

2011年4月7日

おはようございます! NOZY COFFEE 佐藤(公)です!

今日は恒例の「検証日記」をお届けいたします。

(前回の検証日記はこちらを ⇒ http://www.nozycoffee.jp/blog/category/検証日記/


今回は、NOZY COFFEEで日々行われている取り組みについてお伝えします。


NOZY COFFEEでは日替わりで2種類のシングルオリジンコーヒーを、

「本日のエスプレッソ」として楽しんでいただいています。

この、「本日のエスプレッソ」、

一日に多い時では3〜4種類のシングルオリジンコーヒーを使用する場合もあります。


私たち、 NOZY COFFEEでは、

朝、それぞれのエスプレッソのテイスティングを、

スタッフ全員で行う事から一日を始めます。


エスプレッソという抽出方法は、

圧力をかけて短時間で抽出するため、

そのコーヒー豆がもっている個性的な風味や魅力を「最大限に」味わう事ができます。


しかし、エスプレッソは非常に繊細な飲み物です。


粉の粗さ、粉の量、抽出量などの微妙な変化で味わいが変わってしまうだけではなく、

焙煎してから、1日、2日と日数が経過する度に、

その表情をがらりと変えてしまう事もあります。


「最大限に」そのコーヒー豆の個性的な風味や魅力をお伝えするために、

NOZY COFFEEでは、このエスプレッソのテイスティングを欠かさず行っています。



エスプレッソのテイスティングでは、

質感や甘さ、フレーバー、アフターテイスト、

「最大限に」その風味や魅力が抽出されているか確認します。



エスプレッソのテイスティングだけではなく、

ミルクを加えてのテイスティングも行います。

ミルクを加えることによって、エスプレッソのときに感じたフレーバーが変化することもあります。

美味しいカフェラテは、

ミルクの甘さと、コーヒー感のバランスがとれているだけではなく、

そのコーヒーならではの個性的な風味や魅力を、

カップの中に感じることができます。





エスプレッソとしてのバランスはどうなのか?

素材の素晴らしい魅力、美味しさは最大限に引き出されているか?

何度も飲んで意見を交わし合い確認します。


この日の、

本日のエスプレッソは、

・ドミニカ ヒメネス

・ニカラグア ブエノスアイレス カトゥーラ


ドミニカのエスプレッソは、

ラズベリーやアップルのような爽やかな酸味、蜂蜜やカラメルのような滑らかな質感と甘さ(菊池)、

ミルクを加えることによって、アップルの蜜のような甘さと、ピーナッツのような香ばしい香りを感じます。(能城)




ニカラグアのエスプレッソは、

すっきりとした柑橘系の酸味と、チョコレートのような滑らかな質感、

黒蜜をおもわせるような濃厚な甘さ、とにかく甘い!(佐藤)

カフェラテでは、アーモンドのような香ばしい香りと、チョコレートのような

風味、ドライフルーツ(マンゴー)のような甘さを楽しんでほしいと思います。(冨宿)



NOZY COFFEEでは、よりコーヒーの魅力、美味しさをお伝えするために、

今後も様々な検証をおこない、

よりコーヒーに対する理解、情熱を深めていきます!
























Trackback URL

コメントは受け付けていません。

最近の記事

記事のカテゴリー

月別アーカイブ