Blog ブログ

ロースタリー ブラジル バイーア 3週連続プロモーション

2016年3月25日

明日3月26日より原宿ロースタリーでは、3週間に渡ってブラジル 「バイーア州シャパーダ ディアマンティーナ」に位置する3つの農園を週替わりでご提供します。
共通のファミリーがプロデュースするこれらの農園は、2014年のCup of Excellence (Pulped Naturals) で1、2、3位を独占。2015年COEでは1、2位に入賞するなどブラジル国内でもトップクオリティを生み出し、今や世界中が注目している産地です。





ブラジルのコーヒー生産を牽引する、ミナスジェライス州のコーヒーは、今や日本から多くの買付けが行われていますが、ブラジル東に位置する「バイーア州」のコーヒーは5年程前まではほとんど日本での買付けはされていませんでした。
しかしながら、この地域のコーヒーは、他の産地では味わうことの出来ない、大変魅力的なキャラクターを持っています。
エスプレッソで飲む際の「質感」はたいへん素晴らしく、カッピングの時からは想像もできない変化をもたらします。
「明るい酸味」は、シトラスの印象を感じさせ、この土地独特の特性でしょう。



きっとこのコーヒーをお客様に飲んでもらえれば、また美味しさの発見や出会いが生まれることだろうと、私たちはバイーアとの繋がりを築くため、2012年のCOEにてGeraisを落札。それをきっかけに産地を訪問することとなりました。

2013年COEでは、OuroVerdeを落札、毎年の継続した産地訪問での買付けがあり、今回このようなトップクオリティを生み出すファミリーのコーヒーを、揃って三週に渡ってご提供出来ることとなりました!



まず第1弾は・・

■ 3月26日(土)〜4月1日(金) (無くなり次第終了)
Fazenda Tijuco (チジュコ農園)
お花のような印象や、アプリコット、甘いオレンジを思わせる風味が特徴です。
三つの農園の中でも、最も明るく弾ける酸味の印象をお楽しみいただけます。





期間中はエスプレッソやアメリカーノなどでもお飲みいただける他、豆販売もいたします。

ブラジルのコーヒーにどのようなイメージをお持ちでしょうか?
きっとバイーア州シャパーダ ディアマンティーナのコーヒーを口にすれば、ブラジルという広大な土地でも様々なキャラクターを生み出す風土があることを知れるはずです。
世界中が認めた、彼らのトップクオリティの味わいを是非お楽しみください!


Trackback URL

コメントは受け付けていません。

最近の記事

記事のカテゴリー

月別アーカイブ