Blog ブログ

カスカラコーヒー

2012年12月15日

こんにちは!NOZY COFFEE 佐藤です。

今日は最高気温15度とは思えない、
とても寒い1日ですね。。



ニカラグア リモンシーロ農園を覚えていらっしゃいますか?
リモンシーロ農園のオーナーはエルウィンさん。




今年の2月には菊池ロースターがこのリモンシーロ農園を訪れました。
http://www.nozycoffee.jp/blog/菊池ロースターの海外出張-その3/



NOZY COFFEEではオープン当初から
リモンシーロ農園のコーヒー豆を
ご紹介させていただいています。

私たちにとっては思い入れの強い農園の一つです。


今までリモンシーロ農園の「ナチュラルコーヒー」、
そして「ジャバニカ種」のコーヒーを
ご紹介させていただきました。




今回「Crop of discovery」のカテゴリーから
ご紹介する『カスカラコーヒー』
このリモンシーロ農園で収穫されたコーヒーです。





『カスカラコーヒー』?




『カスカラコーヒー』は、コーヒーチェリー(コーヒーの果実)の
種子以外の部分(果肉と皮)を天日で乾燥させたものです。


(コーヒーチェリー)




(左からコーヒーチェリー、パーチメント、生豆、焙煎豆。)




アフリカンベッドと呼ばれる高床式の乾燥台で
1週間ほどかけて天日乾燥させます。




リモンシーロ農園で収穫された
「パカマラ種」の『カスカラコーヒー』です。

通常のコーヒーと同様にお湯で抽出して飲まれます。




その抽出方法はいたって簡単です!
今回はフレンチプレスをつかった抽出をご紹介します。

フレンチプレスでコーヒーを抽出する方法と
全く同じように『カスカラコーヒー』は抽出できます!




まずフレンチプレスと『カスカラコーヒー』を
18g用意します。





沸騰したお湯を注ぎます。





注いだ瞬間から時間を4分間計測し、
時間になったらプレスを下まで下げてください。





抽出されたコーヒーの味わいは、
ローズヒップやホワイトワインを思わせる風味や、
ハチミツや黒糖を思わせる独特の甘さを感じさせます。

コーヒーの甘味がぎゅっと
つまっているような印象を受けました。



通常はこの『カスカラコーヒー』は生産国外にあまり輸出されず、
なかなか日本にはいってくることはありません。

今年の2月、菊池ロースターが
現地を訪れた際に買いつけることができました。

ぜひこの機会に『カスカラコーヒー』お楽しみ下さいませ!




ONLINE SHOPからも『シングルオリジンコーヒー』を
お買い求め頂けます!



(http://www.nozycoffee-webshop.jp/)











Trackback URL

コメントは受け付けていません。

最近の記事

記事のカテゴリー

月別アーカイブ