Blog ブログ

「サイフォンコーヒーナイト」

2018年2月14日

こんにちは!NOZYCOFFEE 佐藤です。

実は今年になってから、冨宿バリスタにあまり会えていません…。





(精神統一する冨宿バリスタ。)






(我らが会いに行けるアイドル、冨宿バリスタ。)



写真を見ては想いが募るばかりです…。

冨宿バリスタ(以下ふーちゃん)
このブログを見たら連絡下さーい!

お待ちしてまーす!






今回は「サイフォンコーヒーナイト」のご案内です。



サイフォンコーヒーってご存知でしょうか?




見たことはある、知ってるという方は多いと思いますが、
実際にお店で淹れているのを見たことがある方は
少ないのではないかと思います。







【サイフォンコーヒーナイト】


今回「THE ROASTERY BY NOZYCOFFEE」では、
2月19日(月)20時より、
(ワークショップの終了時刻により多少前後があります。)

『ジャパンサイフォニストチャンピオンシップ 2017』
ファイナリストである佐野サイフォニストがサイフォン抽出で
コーヒーを提供します!







ハンドブリューオーダーに加えサイフォン抽出による
ドリンク提供を行います。
(通常のハンドブリューと同様の価格です。)

サイフォンでコーヒーを抽出しているところを見たことがない、
飲んだことがないという方は、ぜひ遊びに来て下さい!

また、ハンドドリップや、フレンチプレスで抽出したコーヒーとの
飲み比べもぜひお試し下さい。

きっといつもとは違うシングルオリジンコーヒーの魅力を感じて
頂けると思います!







佐野サイフォニスト(写真左)
「僕と一緒にサイフォンを楽しみましょー!」




ページのトップへ

「NOZY COFFEEのゲイシャ 2018」

2018年2月9日

こんにちは!NOZYCOFFEE 佐藤です。




とある日のロースタリー。


菊池CQO(品質管理責任者)。
ローストの傍ら、コーヒーを淹れる場面も。

その所作、振る舞いから巷では、
「原宿の貴公子」と一部で言われているそうです…。





今回は「NOZYCOFFEEのゲイシャ 2018」。


「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」に
ついてご紹介したいと思います。


今回ご紹介する「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」
ですが、
より高い精度でこのコーヒーのポテンシャルを引き出すために、
江畑ロースター(以下えばてぃ)が専属で焙煎を担当しています。



そこで今回はえばてぃに突撃インタビューを行ってきました!






佐藤「今回のゲイシャの焙煎は大変?どんな事に気をつけてる?」

えばてぃ「やはり、フレーバーにとても特徴のあるコーヒーなので、中煎りより先の仕上がりにならないように気をつけています。

とはいっても、このエルセントロは質感や甘さもとても素晴らしく、これらが揃った時のフレーバーや酸、後味の印象は、より魅力的だと思うので浅煎りにもなりすぎないように気をつけています。」




佐藤「もっと詳しく知りたいなー!」

えばてぃ「焙煎度合以外にも気をつけてることは沢山あります。

ゲイシャ種であること、ナチュラルプロセスであること、
普段の焙煎より投入量を少なくしていることなどから、
火力の掛け方と焙煎時間はいつもの焙煎よりかなり気にしてます。
ですが、以前に同じくコスタリカのゲイシャ種をやはり少ない
投入量で焙煎したことがあるので、その時の経験がとても役に立ってます。

豆に火を入れすぎず焦がさず、でもしっかり中まで火を通す…、
時間は短すぎず、でも長くなりすぎず…、
といった狭いポイントを探るうえで窯の中で1秒ごとに
変化するコーヒー豆の状態を見極めることはとても難しいですが、
経験やデータをもとにそのポイントを狙う焙煎を行うようにしています。

そしてより高い精度でブラッシュアップできるよう、
焙煎するタイミングや窯の状況がなるべく同じになるように
調整してます。
一日の中でいつも同じくらいの時間で、
(窯がしっかり温まった午後に焙煎することが多いです)

朝から数えて何バッチ目くらいで、一つ前にはどの銘柄を焙煎して…など。

普段、他の豆を焙煎する時に全く意識していないわけではないですが、この豆は特にデリケートに配慮しています。

なのでエルセントロを焙煎する日は江畑、朝からちょっとだけナーバスです笑。」



佐藤「えばてぃが焼くのを任されてますが、やっぱりプレッシャーある?」

えばてぃ「1バッチ目こそ緊張しましたが、今は楽しむ気持ちの方が勝ってます!!!

菊池さんと一緒に取ったカッピングのフィードバックをもとに、
次はこういうアプローチをしようというのを相談して考えてから
次の焙煎に臨んでるので、ちょっとずつブラッシュアップされて
もっともっと美味しくなる可能性があると思うと、
毎回の焙煎がとても楽しみです!」



佐藤「最後に今回のゲイシャってどんなコーヒーですか?」

えばてぃ「ジャスミンやレモネードを思わせるフレーバーの
華やかさも魅力的ですが、とてもなめらかで心地の良い質感が
素晴らしいコーヒーだと思います。
ぜひフレンチプレスでお楽しみください!」

佐藤「えばてぃー!ありがとうございました!」




「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」は、
三宿店、ロースタリーの両店舗でお楽しみ頂けますが、

三宿店ではこの「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」を
ご自宅でもお楽しみ頂けるように、
フレンチプレスのセットをご用意させて頂いています。


コーヒー本来の魅力を最大限に引き出すフレンチプレスで、
「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」をお楽しみ下さい
ませ!




[エルセントロ農園 ゲイシャ種 スペシャルセット]





※セット販売限定で、50gからご用意しています。

50g+フレンチプレス ¥4,000-(税込)
100g+フレンチプレス ¥4,500-(税込)

(コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種は
コーヒー豆のみの販売の場合、100g 2,600円となります。)





「三宿店でお待ちしてまーす!」









ページのトップへ

「三宿店の2月のワークショップ」

2018年1月31日

こんにちは!NOZYCOFFEE 佐藤です。

先日のブログは「品質管理チーム」。
私たちNOZYCOFFEEのコーヒーを焙煎してくれて
いるロースターをご紹介させて頂きました。

ブログを書きながら、彼らのコーヒーに対する情熱に触発され、
私も焼いてきました…。






焼きそばを…、



フランクフルトを。



地域のお祭りで、屋台を担当させて頂きました!
いつも以上に楽しく焼くことが出来た気がします。

改めてロースターの皆さま、いつもありがとうございます!





今日は「三宿店の2月のワークショップ」。

2月は新しいワークショップを開催させて頂きます!


<フードペアリングワークショップ>





お家でのコーヒーライフを豊かにするフードペアリングです。

ペアリングの基本を知り、コーヒーと数種類のフードを食べ比べ、
フードによる相性の違いを体感できます。

今回は「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」の
コーヒーを使用します。

コーヒーと相性の良いフードをみんなで探しましょう!


開催日:
2月10日(土)10:00-11:00
2月24日(土)10:00-11:00
参加費: ¥4,000
募集人数: 各回4名





〈カフェラテワークショップ〉





カフェラテワークショップでは、
お店で飲むおいしいカフェラテが出来上がるまでの
大事なポイントを知ってもらい、
ラテアートにチャレンジしていただきます。

バリスタが参加者のみなさまそれぞれに合わせて注ぎの
サポートをするので、初めての方でも安心して受講できます。

きれいなハートを目指していっしょに頑張りましょう!

受講後はいつものカフェラテがよりおいしく感じちゃいますよ!



開催日:
2月17日(土) 18:00-19:00
参加費: ¥3,500
募集人数: 3名

店頭または
お電話(03-5787-8748) 
メール(mishuku@nozycoffee.jp)にて
ご予約承ります。


お気軽にお申し込みください!






「さくらでーす!おかもんでーす!しんちゃんでーす!
3人揃ってー……、」


ただ今ユニット名募集中です!
こちらも合わせてお待ちしておりまーす!
















ページのトップへ

「品質管理チーム」

2018年1月27日

こんにちは!NOZYCOFFEE 佐藤です。


東京では久しぶりの大雪でしたね!




雪国、青森県出身の私ですが、歩いて転ぶわ、
お店の前を珍しく雪かきしたら足を肉ばなれするわ…、

みなさん、まだまだ路面が凍って危ないので気をつけてくださいねー!





今日は「品質管理チーム」。

私たちNOZYCOFFEEのクオリティを支えてくれている
「品質管理チーム」のメンバーと活動について簡単にご紹介させて
頂きたいと思います。


「品質管理チーム」は私たちNOZYCOFFEEの品質、
クオリティに関する全ての業務に携わっています。

焙煎、セミナー開催、スタッフ育成など業務内容は多岐にわたります。

現在は3名のスタッフでチームを組んでいます。

そこで、まずはメンバー紹介!







まずは1人目!

CQO(最高品質責任者)の菊池さん。

創業当時からのロースターでもあり、
産地へ足を運び買い付けを行うバイヤーでもあり、
コーヒーの国際品評会、COE(カップオブエクセレンス)に国際審査員として参加経験のあるカッパーでもあります。

私と最初出会った頃は24歳でしたね笑
33歳、2児の父としても活躍中です。






2人目!(写真左)

『えばてぃ』こと江畑ロースター。

これまで100トン以上コーヒーを焙煎してきた江畑ロースター。

今では彼女だけが焙煎を任せられている特別なコーヒーもあり、
現在発売中の「コスタリカ エルセントロ農園 ゲイシャ種」もその一つです。

本当にいつもお疲れ様です!
ありがとうございます!

JBC(ジャパンバリスタチャンピオンシップ)の審査員としても活躍しています!



3人目!(写真右)

『ひろし先生』こと吉川ロースター。

バリスタとしても活躍していた博識ひろし先生。
焙煎業務と共に、セミナーの講師も務めています。

バリスタ、ロースター両方の視点からのセミナーは
毎回非常に盛り上がりを見せています。

コーヒーだけではなく、料理もプロ級。
(今度、豆乳クリームパスタ作って下さい!)

ひろし先生もJBCの審査員として活躍しています!




3人は私たちNOZYCOFFEEのコーヒーを
焙煎工場でもある「ロースタリー」にて日々焙煎しています。

誰よりも早くお店に到着し、焙煎後も遅くまで品質チェックのためのカッピングを行っています。

真摯にコーヒーに向き合うその姿勢と情熱が、
私たちNOZYCOFFEEをいつも支えてくれています。

「ロースタリー」にご来店の際には、ぜひ1番奥の焙煎機の前まで足を運んでみて下さい。

きっと、そこでは、その情熱を感じることができるはずです!






「ロースタリーで待ってるよー!!!」




ページのトップへ

「押本バリスタとおしゃべりしましょ!その1」

2018年1月18日

こんにちは!NOZYCOFFEE 佐藤です。

先日のブログに引き続きおみくじネタです。


ヒロシ先生(吉川ロースター)がいい事を教えてくれました。



「『凶』は『凶運』なんかじゃない、『強運』なんだよ」と。

さすがです。




今日は新コーナーです!

「押本バリスタのおしゃべりしましょ!その1

私と押本バリスタがおすすめのシングルオリジンについて、
普段のように、いつも通りにおしゃべりします!


今日は赤坂『THE SHOP BY URBANEST』からお伝えしたいと思います。



『THE SHOP BY URBANEST』はアーバネスト株式会社様が運営する不動産のセレクトショップです。


このセレクトショップ内に私たちNOZYCOFFEEがプロデュースしたコーヒーショップがあります。


常時3~4種類のシングルオリジンを用意、通常のエスプレッソドリンクメニューの他、ハンドブリューでのドリンク提供を行っています。

営業時間は平日12時~16時となっています。
(エスプレッソドリンクのラストオーダーが16時です。
その後も19時まで店内滞在可。)




この『THE SHOP BY URBANEST』に勤務するのが押本バリスタ。

押本バリスタはジャパンブリュワーズカップの審査員を務める他、ロースタリーでのバリスタ、ワークショップの講師としても活躍しています。


今回はこの押本バリスタに「ホンジュラス モンテシージョス農園」のコーヒーの魅力について聞いてみました。


佐藤「モンテシージョスの好きなところってどんなとこ?甘さ?」



押本「モンテシージョスの魅力といえばこのクリーンさ。
クリーンで透明度が高いからこそ感じられる繊細なフレーバーがたくさんあります。」



佐藤「なんでそんなにプレゼン口調なの?笑 どんなフレーバー?」



押本「甘いライムやマスカットのような爽やかな印象と、冷めるにつれ強まる蜂蜜の様な甘さはとても心地よく感じられます!」



佐藤「好き?」

押本「好き。」


佐藤「バイクとどっちが好き?」

押本「えーと…。(話が長いので中略)」


佐藤「最後にどんな飲み方がおすすめ?」

押本「ぜひ、エスプレッソで!このコーヒーの魅力を余すことなくお楽しみ頂けます!」



現在、『THE SHOP BY URBANEST』では数量限定で、
「ホンジュラス モンテシージョス農園」のコーヒーをご用意させて
頂いています。


コーヒー片手に押本バリスタとコーヒーとバイクについて
おしゃべりしてみませんか?




ご来店お待ちしてまーす!






ページのトップへ

「三宿店の1月のワークショップ」

2018年1月10日

こんにちは!NOZY COFFEE 佐藤です。

あけましておめでとうございます!
あっという間に2018年も10日になりました。

皆さんはどんなお正月をお過ごしでしたでしょうか?


私、佐藤は…、




初詣のおみくじが10年ぶりに『大吉』!!!
幸先よいスタートをきれたような気がします。

今年もよい1年になりますように!
引き続き当ブログをよろしくお願い致します。




今回は「三宿店のカフェラテワークショップ」。

三宿店で開催予定のワークショップのご案内です。


〈カフェラテワークショップ〉





カフェラテワークショップでは、
お店で飲むおいしいカフェラテが出来上がるまでの
大事なポイントを知ってもらい、
ラテアートにチャレンジしていただきます。

バリスタが参加者のみなさまそれぞれに合わせて注ぎの
サポートをするので、初めての方でも安心して受講できます。

きれいなハートを目指していっしょに頑張りましょう!

受講後はいつものカフェラテがよりおいしく感じちゃいますよ!



開催日:1月27日(土) 18:30-19:30
    2月17日(土) 18:30-19:30
参加費: ¥3,500
募集人数: 3名

店頭または
お電話(03-5787-8748) 
メール(mishuku@nozycoffee.jp)にて
ご予約承ります。


お気軽にお申し込みください!




「バリスタ一同、お待ちしてまーす!」



ページのトップへ

年末年始の営業時間変更のご案内です。

2017年12月30日

これから仕事納めという方も、
そして、仕事納めをしたという方も、
12月30日、土曜日になりました。

こんにちは!NOZYCOFFEE 佐藤のブログの時間です。

本日は各店の年末年始の営業時間のご案内です。

・NOZY COFFEE 三宿店

31日 10-17時(短縮営業)
1日 休業日
2日 10-17時
3日 10-17時
4日 10-19時30分(通常営業)

・THE ROASTERY BY NOZYCOFFEE

31日 10-18時(短縮営業)
1日 休業日
2日 10-22(通常営業)

上記の営業日、営業時間とさせて頂きます。

2018年のNOZY COFFEEは「三宿店」「THE ROASTERY」
共に2日より営業致します。

お客様のご来店を心よりお待ちしております。





「みんなで待ってまーす!」

ページのトップへ

NOZY COFFEEの12月のコーヒー豆

2017年12月28日

こんにちわ!NOZYCOFFEE 佐藤です。




(写真左、写真右は冨宿ロースタリーマネージャー)

お久しぶりです!

約4年振りにブログの更新を担当させて頂きます。

緊張で手が震えます…、よろしくお願い致します!



今回は『12月のNOZYCOFFEEのコーヒー豆』

新しく販売を開始したコーヒー豆の中から特別なロットにフォーカスしてご紹介させて頂きます。



・ホンジュラスCOE #24 モンテシージョス農園

2017年のCOE(カップオブエクセレンス)という国際品評会にて24位に入賞したロットをNOZYCOFFEEが単独で落札しました。



この「モンテシージョス農園」がある『ポッソネグロ』という地域と私たちNOZYCOFFEEの関係は2013年の産地訪問から始まりました。

ところで、ホンジュラスという国がどこにあるかご存じでしょうか?





グァテマラやエルサルバドル、ニカラグアといった国々と国境を有しております。



私たちは同じホンジュラス内にある『サンティアゴ デ プリングラ』という地域のコーヒーを、
2012年、2013年と続けてCOEにて落札していました。

前述した『ポッソネグロ』がある『マサグアラ』という地域と、『サンティアゴ デ プリングラ』という地域は非常に近い距離にあります。

COEでのコーヒー落札をきっかけに、菊池バイヤーが『サンティアゴ デ プリングラ』へと毎年足を運び、
現在も尚、生産者と関係性を継続して築いています。

そして、2013年の訪問の際に、素晴らしい生産者たちがいると紹介されたのがこの『サンティアゴ デ プリングラ』に隣接する地域、『ポッソネグロ』でした。



2013年に『ポッソネグロ』のコーヒーの通常買い付けを始め、
そして、2014年には「ラスモラス農園」のコーヒーをCOEにて落札し関係性が深まりました。

2015年こそ落札はならなかったものの、

2016年には「ブエナビスタ農園」、
そして今年は「モンテシージョス農園」
『ポッソネグロ』のコーヒーを続けて落札することができました。



COEにて私たちがコーヒーを落札することで、
その対価は生産者に直接支払われます。

通常買い付けに比べ、少し高い金額ですが、
そのお金は生産者の生活の支えとなり、
生産のモチベーションとなり、
また、生産設備を整え、クオリティの向上へとも繋がっていきます。

『ポッソネグロ』と私たちとの関係性は始まったばかりで、まだまだこれから築き上げていかなければならない部分も多いです。



しかし、なんと!嬉しいことに!



今年の9月に『ポッソネグロ』と『サンティアゴ デ プリングラ』から
2人の生産者が私たちに会いに来てくれました!


左は『サンティアゴ デ プリングラ』の生産者、

「インテグラル エルシプレス農園」のカタリーニョさん。
2013年に私たちは彼のコーヒーをCOEにて落札させて頂いています。


右は『ポッソネグロ』の生産者、
「モンテシージョス農園」のウィルメルさん。
2017年、今年、私たちは彼のコーヒーをCOEにて落札させて頂きました。


江畑ヘッドロースターが一緒に記念写真。


『ポッソネグロ』の生産者を紹介してくれたのは、エクスポーターのロニーでした。

菊池バイヤーが一緒に記念撮影!


『ポッソネグロ』と『サンティアゴ デ プリングラ』の生産者は非常に仲良く、
菊池バイヤーらが『ポッソネグロ』を訪れた際には、
『サンティアゴ デ プリングラ』から生産者達が来てくれると聞きます。


『サンティアゴ デ プリングラ』の生産者と少しずつ築き上げた関係性が、
『ポッソネグロ』の生産者と私たちを繋いでくれたのではないかと思います。




最後にみんなで記念撮影!



「モンテシージョス農園」のコーヒーは、
ライムのように明るく甘い酸の印象、
フローラルで、マスカットのようなフレーバーを感じさせます。

非常にクリーンカップで、その甘さと風味の印象はとても長く余韻として続きます。

ぜひ!ウィルメルさんの作った、
この「モンテシージョス農園」のこの機会にお楽しみ下さいませ!



ページのトップへ

スタッフ募集のお知らせ

2017年5月1日

この度、NOZY COFFEE 三宿店では一緒に働いていただけるスタッフを募集いたします。
ご興味がある方は下記をご確認のうえメールにてご連絡ください。
たくさんの方のご応募をお待ちしております。
————————————
【勤務地】NOZY COFFEE 三宿店
【募集職種】販売スタッフ
【仕事内容】ドリンク作成・提供、レジ・接客、店内清掃、商品の説明や販売 など
【勤務時間】 週2~3日(原則土日祝のみ)、※10:00~19:00の間で1日6~8時間程度を予定
【雇用形態】アルバイト
【給与】時給1,000円~
【待遇】交通費支給、社販制度あり
【応募方法】メール(mishuku@nozycoffee.jp)にて、下記内容を記載の上、ご連絡ください。
面接をさせていただく方には別途ご連絡をさせていただきます。
・お名前(ふりがな)
・性別
・年齢
・住所
・職業
・志望動機
※原則、土日どちらも勤務可能な方を募集しております。
【募集締切】5/15(月)まで ※予告なく募集を終了する場合がございます。
————————————
採用担当 三宿店 鈴木

ページのトップへ

三宿店営業時間変更のお知らせ

2017年3月28日

日頃よりNOZY COFFEEをご利用いただき誠に有り難うございます。
4月1日(土)より三宿店の営業時間を下記の通り変更させていただきます。

open 10:00 – close 19:30

お仕事帰りなどでもご来店いただきやすいように致しました。
皆様のご来店心よりお待ちしております。



ページのトップへ

最近の記事

記事のカテゴリー

月別アーカイブ